【不動産投資で失敗しないために】 -利回り・ローン・リスクなど-

TOPページへ>>  
不動産の基礎知識不動産の基礎知識不動産の基礎知識

■不動産投資の基本知識■

■色々な不動産投資を紹介■

■ワンランク上の不動産投資を目指そう!■

このサイトについて


■不動産所有者が支払う税金とは?

投資目的で不動産を取得した場合、取得した人には様々な税金が課せられることになります。今後、不動産投資を始めるのであれば、ぜひこれらの税金に関する知識も身に付けておきましょう。 まず、不動産を取得した時に「不動産取得税」などが必要になりますし、冬期に必要な「手数料」や「印紙税」なども必要になります。不動産投資と聞くと、どうしても「不動産価格だけが必要だ」と思ってしまいますが、取得時にはこれらの経費についてもしっかりと計算しておきましょう。さもないと、後々の「現金が必要な時」にキャッシュフローが足りなくなることもあり、最悪のケースでは「取得したのにすぐ手放す必要がある…」ということも考えられるのです。 さて、取得した後の税金で最も有名なのが「固定資産税」ですね。あなたが取得した不動産価格に基づいて算出されるものであり、年に1回、支払うことになります。さらに、「都市計画税」などもほぼすべての不動産に課されるため、これについても忘れずに計算しておきたいところです。 また、家賃収入などを目的とした不動産投資の場合、その収入は所得に分類されるため、当然ですが「所得税」の対象になります。不動産収入による所得は「総合課税」の対象となり、その他の所得と合計して、その合計額に応じた税率が適応されるんですね。 ところで、税金は少しでも安い方が良いと思いませんか?当然、安い方が良いですよね。そこで、不動産経営に関する「経費」についてはしっかりと把握しておきましょう。たとえば、「管理費」や「修繕費」などは当然の経費として認められますし、また、経営に関する「事務費」なども経費になります。これらの経費を細かく計算して、収入総額から差し引くようにしておけば、少しでも税金が安くなる仕組みなんですね。

稼げる不動産投資法!最新人気ランキング!


1位不動産投資の達人たちのノウハウを学ぶ「賢人投資家オーディオセミナー」
金森茂樹氏を始め不動産投資のカリスマが勢揃い!借入金利を1%下げることが可能!?リフォーム費用を数百万円も安くできるノウハウも・・・ >>続きを読む

2位不動産投資自動化ツール・一発鑑太郎
情報をキャッチしたら、その不動産がどれだけ儲かるのか一瞬で見分けることができる!投資物件をつかむために絶対必要なスキルを自動化して・・・ >>続きを読む

3位賢者の海外不動産投資〜自己資金ゼロから海外不動産で稼ぐ方法〜
不動産専門家でもプロの投資家でもない普通の人が有利な海外不動産の投資物件を発掘し年間利回り30%以上が当たり前という勝ち組投資家・・・ >>続きを読む


→不動産投資の達人たちのノウハウを学ぶのに人気急騰のDVDはコチラ

▲ページの上へ