【不動産投資で失敗しないために】 -利回り・ローン・リスクなど-

TOPページへ>>  
不動産の基礎知識不動産の基礎知識不動産の基礎知識

■不動産投資の基本知識■

■色々な不動産投資を紹介■

■ワンランク上の不動産投資を目指そう!■

このサイトについて


■「不動産投資」と「流動性」

不動産投資においては「流動性」というキーワードがよく出てきますが、「流動性」とは「簡単に現金資金になるかどうか」のことであり、売って現金に換えるまでの時間が短く、また、手続き等も簡単であるなら「流動性が高い」と言えます。一方、売るまでに長い時間がかかり、また、手続きも複雑であるなら「流動性が低い」と言えることになり、不動産投資をするなら「流動性」を考えたプランを建てておきましょう。 たとえば、「今すぐに現金が必要!」という場合、あなたが保有している不動産を1日にでも早く売りたいですよね。しかし、「買い手」がいてこそ取引が成り立つのであって、「すぐに現金が必要なので買ってください!」と言ったところで、相手に足元を見られる結果になる恐れがあるのです。つまり、流動性が低いために「売却損」が出る恐れがあると言えるのです。 一方、買い手が複数いるような人気の物件であれば、「すぐにでも高い値段で売却できる」ということが可能になってきますし、この場合は「流動性が高く、なおかつ売却益が狙いやすい物件」と言えるのです。 さらにこの場合はどうでしょうか?同じ広さの土地に、片方は「家」が建っており、もう片方は「更地」になっているという場合、どちらの流動性が高いと言えるでしょうか? すでに家が立っている場合、その不動産は「家を買いたい人」に需要が限られてしまいますが、更地の場合、そこに家を建てる人もいれば「ガレージ利用」する人もいますし、また、「店舗」を建ててビジネスを始めたい人など、ターゲットとなる顧客の幅が圧倒的に広いのです。したがって、更地の方が流動性の観点で言えば圧倒的に有利なんですね。 不動産は、決して流動性の高い投資ではありません。したがって、不動産投資を行うのであれば、ぜひ流動性に関してしっかりと勉強をするだけでなく、出来るだけ多くのキャッシュフロー(現金資産)を確保して、「万が一」の事態にも耐えられるようにしておきましょう!

稼げる不動産投資法!最新人気ランキング!


1位不動産投資の達人たちのノウハウを学ぶ「賢人投資家オーディオセミナー」
金森茂樹氏を始め不動産投資のカリスマが勢揃い!借入金利を1%下げることが可能!?リフォーム費用を数百万円も安くできるノウハウも・・・ >>続きを読む

2位不動産投資自動化ツール・一発鑑太郎
情報をキャッチしたら、その不動産がどれだけ儲かるのか一瞬で見分けることができる!投資物件をつかむために絶対必要なスキルを自動化して・・・ >>続きを読む

3位賢者の海外不動産投資〜自己資金ゼロから海外不動産で稼ぐ方法〜
不動産専門家でもプロの投資家でもない普通の人が有利な海外不動産の投資物件を発掘し年間利回り30%以上が当たり前という勝ち組投資家・・・ >>続きを読む


→不動産投資の達人たちのノウハウを学ぶのに人気急騰のDVDはコチラ

▲ページの上へ