【不動産投資で失敗しないために】 -利回り・ローン・リスクなど-

TOPページへ>>  
不動産の基礎知識不動産の基礎知識不動産の基礎知識

■不動産投資の基本知識■

■色々な不動産投資を紹介■

■ワンランク上の不動産投資を目指そう!■

このサイトについて


■「火事」や「地震」のリスクに備えよう!

「次の入居者が見つからない…」というのも、不動産経営の大きなリスクと言えるのですが、それ以上に怖いリスクこそ「火事」や「地震」です。被害が大きくなれば、「入居者が入れない」という状況になり、また最悪のケースでは「人の命」にもかかわる問題です。したがって、マンションやアパートなどを経営する場合は、これらの災害に対する工夫をしっかりとしておきましょう。 火事や地震からあなたの不動産を守る手段として最も簡単なのが「保険」です。実質的な被害は残るものの、金銭的な保証である程度はカバーできますので、その点では安心ですね。 また、経営している建物が「木造」であった場合、やはり「飲食店」をテナントとして入居させるのは賢いと言えません。飲食店は「火」を使いますので、火事の恐れが大きいと言えるんですよ。ですので、木造の建物にテナントを入れる場合は、「小売店」や「事務所」などの、火を使わない用途でのテナントを心がけておきましょう。 もし、これから建物を建築するのであれば、やはり災害を考慮した建築物にしておきましょう。たとえば、人通りの多い場所に建築するのであれば、やはり飲食店などのテナントが有力です。しかし、前述の通り、飲食店は「火」を使うため、「鉄筋鉄骨コンクリート」の建物を建てておけば安心です。たとえ被害が大きくなったとしても、復旧までの時間も短くなりますし、人的被害を最小限に食い止めることも出来ます。 火事や地震からあなたの不動産を守る方法には「保険に加入する」などもありますが、まずは「強度のある建物にする」ことを心がけておきましょう。以前、「耐震偽装」が社会問題になりましたが、それに伴って建築基準法も厳しくなり、また、欠陥住宅に対する保険制度も始まりますので、これから建物を建築するのであれば、ぜひ「強度」を重視したものにしてくださいね。

稼げる不動産投資法!最新人気ランキング!


1位不動産投資の達人たちのノウハウを学ぶ「賢人投資家オーディオセミナー」
金森茂樹氏を始め不動産投資のカリスマが勢揃い!借入金利を1%下げることが可能!?リフォーム費用を数百万円も安くできるノウハウも・・・ >>続きを読む

2位不動産投資自動化ツール・一発鑑太郎
情報をキャッチしたら、その不動産がどれだけ儲かるのか一瞬で見分けることができる!投資物件をつかむために絶対必要なスキルを自動化して・・・ >>続きを読む

3位賢者の海外不動産投資〜自己資金ゼロから海外不動産で稼ぐ方法〜
不動産専門家でもプロの投資家でもない普通の人が有利な海外不動産の投資物件を発掘し年間利回り30%以上が当たり前という勝ち組投資家・・・ >>続きを読む


→不動産投資の達人たちのノウハウを学ぶのに人気急騰のDVDはコチラ

▲ページの上へ