【不動産投資で失敗しないために】 -利回り・ローン・リスクなど-

TOPページへ>>  
不動産の基礎知識不動産の基礎知識不動産の基礎知識

■不動産投資の基本知識■

■色々な不動産投資を紹介■

■ワンランク上の不動産投資を目指そう!■

このサイトについて


稼げる不動産投資法!最新人気ランキング!


1位不動産投資の達人たちのノウハウを学ぶ「賢人投資家オーディオセミナー」
金森茂樹氏を始め不動産投資のカリスマが勢揃い!借入金利を1%下げることが可能!?リフォーム費用を数百万円も安くできるノウハウも・・・ >>続きを読む

2位不動産投資自動化ツール・一発鑑太郎
情報をキャッチしたら、その不動産がどれだけ儲かるのか一瞬で見分けることができる!投資物件をつかむために絶対必要なスキルを自動化して・・・ >>続きを読む

3位賢者の海外不動産投資〜自己資金ゼロから海外不動産で稼ぐ方法〜
不動産専門家でもプロの投資家でもない普通の人が有利な海外不動産の投資物件を発掘し年間利回り30%以上が当たり前という勝ち組投資家・・・ >>続きを読む


→不動産投資の達人たちのノウハウを学ぶのに人気急騰のDVDはコチラ



■「不動産投資」とは?

「投資」という言葉が注目されていますが、投資先にはいろいろな種類があるんですね。一般的に投資と聞くと、私たち日本人は「株式投資」を思い出しますが、「不動産投資」も最近になって注目を集めているキーワードなのです。 以前の不動産投資は、多額の資金が必要だったため、一部の人にしか手を出せませんでした。ところが、今では少ない資金でも始められる不動産投資の商品が続々出てきており、これらを利用して賢く投資をする人も増えているのです。 不動産投資には様々な方法があるのですが、まず思い浮かぶのが「マンションやビルの経営」ですね。マンションやアパート、あるいはオフィスビルなどを建築して、その「テナント料(家賃)」で収益を上げる方法です。しかし、この方法では多額の資金が必要になるため、特に若い世代の人には難しい方法かもしれません。 そこで、複数の投資家から資金を集めて、「複数の人数でマンションやビルのオーナーになる」という不動産投資や、あるいは海外の安い土地を購入して「転売」を目指す不動産投資などが注目を集めています。 ところで、不動産投資から得られる収益には2種類あることをご存知ですか?1つは「キャピタルゲイン」と呼ばれるもので、「購入金額より高い値段」で売ることによって生まれる「差益」のことです。もう1つは「インカムゲイン」と呼ばれるもので、「テナント料」や「家賃」などの「安定収入」のことです。 不動産投資に対しては、「バブル経済の時代はもう終わったんだから、今さら不動産投資はダメだよ」という意見も多いのですが、それは不動産価格が上がりにくく、「キャピタルゲイン」が狙いにくくなったためです。下手をすれば価格が下がって損失になりますしね。 しかし、「インカムゲイン」の方はまだ残されているんですよ。最近の不動産投資は、主に「インカムゲイン」を目的としたものが多く、こちらであればバブル時代が終わったからこその「メリット」があるのです。なにせ、安い価格で不動産を建てることが出来るのですから。 不動産投資は、始めた人にしか分からない魅力があります。「不動産投資=危険」とは思わずに、ぜひ一度、勉強してみてはいかがでしょうか?



【関連ニュース】
▲ページの上へ